2018年1月 4日 (木)

本年もよろしくお願いいたします。

 Imgp1188あけましておめでとうございます。前の木地を見たら残暑お見舞い・・・あらま、放置しすぎてしまいました。撮影そのものはしていますので、ぼちぼちと更新します。よろしくお願いします。
Imgp1218写真は、秋田県・角館の武家屋敷です。雪の角館、観光には良いのですが、雪が重いので、雪かきはたいへんです。

| | コメント (0)

2017年1月22日 (日)

大雪

Photo_4 のんびりとした東北を楽しんでいたら、天候が変わって雪が降ってきました。写真は五能線。本数が少なくて、実質撮れるのは1日1往復です。雪はともかく風が刺すように強く、心が折れかけました。
Photo_5 二枚目は米坂線です。一気に数十センチ降ったとみえて、スノーシューを履いてもグングン沈むという状態でした。雪まみれで場所を作っての一枚。15分ほど待ちましたが、撮るまでに私が雪だるまになりました。

| | コメント (0)

2017年1月21日 (土)

本州と北海道を結ぶ貨物列車

Photo_3 青函トンネルは、ご存じと思いますが北海道新幹線とJR貨物の貨物列車の併用線です。青森貨物駅を出た貨物列車は在来線を走り、津軽今別の信号所から青函トンネルに向かう併用線に合流します。
 そんなわけで、穏やかな陸奥湾沿いを走る貨物列車です。穏やかですが寒いです。ここは在来線の普通列車も走ります。
Photo_2 津軽今別駅の構内です。建物は駅のホーム。貨物列車が、新幹線の通過を待っています。

| | コメント (0)

2017年1月20日 (金)

奥入瀬渓流

8 年始の大雪直前、奥入瀬渓流に行ってきました。写真は銚子の滝です。雪のなかの滝の清冽でした。雪が降ると、スノーシューを履いて雪の上をあちこち行かれるのが良いですね。
3 二枚目。滝です。木々の枯れ具合が寒々しいです。

| | コメント (0)

2017年1月18日 (水)

あけましておめでとうございます。

1 本年もよろしくお願いいたします。なかなか更新せず申し訳ないです。
 またゆっくりとおつきあいくださいませ。写真は新潟県の彌彦神社です。日本海側が大雪のさなか、撮ってきました。
7 彌彦神社のなかです。あまり人が入らない場所はこんな感じになっていました。


| | コメント (0)

2015年11月 5日 (木)

米沢の紅葉

Photo 米沢から南に向かうと飯豊連邦という国境の山があります。このあたり、紅葉のみどころが多く、どの谷間を遡っても、美しい紅葉が目に入ります。写真1枚目は、砂防ダム。まだまだ紅葉が始まったばかりですね。
2 写真2枚目は福島県側の橋の上から。もちろん、駐車できる場所に車を止めて、歩いて撮りに行っています。橋梁の上は、トラックが通るとよ〜く揺れます。しばらく待っていないと、手ぶれぶれぶれになってしまいます。

| | コメント (0)

2015年10月28日 (水)

釜伏山の夜景

Photo_3 八戸から帰ってきたのもつかのま。「日本の夜景」という記念切手シリーズの発表がありまして。今回は北海道・東北の夜景をピックアップしているようです。封筒のカシエ撮影をしている関係で、絵柄を見ますとどうにも「釜伏山の夜景」の写真がないと形にならないということがわかりました。わたくしとしては、1週間早く発表していただければ、八戸の帰りを1日伸ばして撮ってきたのですが、なんとも間が悪い。
 釜伏山、ご存じないかとも思います。青森県むつ市。下北半島にある山です。ググッてみると、どうも自衛隊の敷地内にあるとのこと。管理人がいたり、入退場をチェックしたりと、なかなかの厳戒態勢。
 折角なので、紅葉の山を撮りつつ行けばよいのかと、ひと月ぶりに青森へ出ました。もちろん、ほぼ一般道。
 一枚目。これが釜伏山の夜景です。陸奥湾の北側の湾形が見えます。日中よく晴れたせいか、日がかげって気温が下がると、すっとモヤがかかってきました。
Photo_4 二枚目は同じく釜伏山の展望台から。むつ市とは反対の西側。夕暮れが美しい日でした。

| | コメント (0)

2015年10月27日 (火)

今年の夏の鉄活動

7月に三陸鉄道に乗りに行きました。乗ってみたところ、三鉄と八戸線の景観に魅せられてしまい、こんどは撮影に行きたいと思っていました。うまく仙台に行く機会があったので、ついでに八戸(約2倍ありますが)まで運転して行きました。もちろん一般道。

Photo_61枚目は八戸線鮫付近。こんな絵を撮りたくて行ったようなものです。先日テレビ番組の「美の巨人たち」で、東山魁夷がこのあたり、種差海岸あたりを書いていたと知り、ああ、あの景色かと想像しながら見ることができました。


2_22枚目は八戸線の日暮れの景色です。列車を待っているうちにみるみる暗くなり、流す以外の手立てが無くなって撮影しました。空の色があってよかったです。


Photo_73枚目、JR東日本のレストラン列車「TOHOKU EMOTION」です。北三陸の美しい景色を見ながら、豪華料理を食べるという贅沢な列車です。遠目では、外観に特徴が少ないのが残念ですね。


Photo_84枚目、三陸鉄道堀内駅を出発する列車です。あまちゃんの「袖ヶ浜駅」と言った方がわかる方も多いかと思います。この36形、改良と更新を重ねて1984年の開業時から運行している車両です。7月の乗車時、学生の頃に乗った番号の車両に乗って感激しました。

| | コメント (0)

2013年8月18日 (日)

嶽きみ

Photo_2 津軽を代表する山、岩木山の南斜面に、美味しいとうもろこしがあるとのこと。どうも生で食べても甘いということを聞いたので、焼きイカを食べた足で行ってみました。「嶽きみ」というブランドで売り出し中のとうもろこしで、身が柔らかくてとにかく甘い。いまのところ、津軽や青森市内、大館などの近郊のスーパーや、通販でしか手に入らないという希少品です。
 で生で食べてみたところ、これが甘い!柔らかくて、とにかく味が濃い!この日から、滞在中はスーパーで見つける度に食べるという生活になりました。「焼き」も「ゆで」も食べましたが、生か軽くゆでたものが私は好きでした。

| | コメント (0)

2013年8月17日 (土)

焼きイカ街道

1_2 青森県の日本海側、鰺ヶ沢という町に「焼きイカ街道」があります。イカ焼き屋さんがけ数件並んでいるだけといえばだけですが、イカ好きの私としては、どうしも気になるところ。ここではイカの天日干しもやっていると知ったので、早速車を走らせて行ってきました。
 場所は、日本海沿いの国道の旧道沿い。数件のうち1〜2件は、天日干しをしています。商品のイカに最接近して撮りたかったこともあり、許可をいただいて撮影しました。天日にさらして数時間。良い頃合いになったら取り込んで焼いていきます。注文があれば、1日に200枚程度焼くそうです。私が撮影しているうちにも、干し終わったイカを何枚かずつハズしていくので気が気じゃ無い・・・。
Photo 数分間両面を焼いて、食べやすいように切ってパックに入れて完成。2枚目は焼き上がった干しイカ。柔らかく、味が締まっていてとても美味!干物の力はすごい!

| | コメント (0)

より以前の記事一覧