2013年3月31日 (日)

桜島

2 鹿児島県を代表する山です。「島」と名が付いていますが、大隅半島と陸続きになっています(大正時代の噴火で陸続きになったとのこと)。多くの部分が、海を隔てた薩摩半島の「鹿児島市」に属しています。この鹿児島市中心部を結ぶ「桜島フェリー」は、なんと24時間運行しています。
1 写真は、実は3枚とも大隅半島側からの撮影です。夕陽を見ながら海沿いの国道を走っていたので、「これは!」という場所に車を止めて撮りました。
3

| | コメント (0)

2013年3月30日 (土)

肥薩オレンジ鉄道

1_2 九州新幹線が開通したことでJRから分離され、第三セクターとして誕生した鉄道会社です。JR時代は鹿児島本線の一部でした。もちろん全線電化ですが、肥薩オレンジ鉄道は、電気を使っていません。列車本数も乗客も少ないので、電気設備を使わずディーゼル列車1両編成で運行しています。
 では、架線なんか要らないのでは?と思うのですが、そこは、全国ネットワークの貨物列車が電気機関車が牽引して運転しています。貨物列車は、重い長編成をある程度のスピードで走らすので、ディーゼル機関車よりも電気機関車の方が有利。そこで、電気設備はそのままJR貨物が借りて保守や運用しています。
Jrf 写真は阿久根付近。「オレンジ食堂」という企画列車を走らせるとのことですが、この景色が続く路線です。期待したいです。

| | コメント (0)

2013年3月29日 (金)

不知火海

Photo 有明海から天草を挟んで南側が不知火海です。天草から見ると逆光線なので、キラキラと光っていました。天草市の倉岳からの景色です。1
 2枚目、のんびりゆったりバスの旅、的な路線です。自分の車で思い通りの旅をするのも良いのですが、路線バスや鉄道に揺られて、待ち時間などの「無駄な時間」を食いながら、ボーッと旅をするのもまた良いものです。

| | コメント (0)

2013年3月27日 (水)

雲仙普賢岳(3)

6 6枚目、上天草の展望台から。松島天草とも呼ばれる、上天草を守るようにそびえています。
7 7枚目。天草側からの夕景です。
 翌昼、天草へ来たもう一つの目的である、車エビのかき揚げ定食を食べました。以前食べた味が忘れられず、夢にまで見たかき揚げです。天草市本渡の「海老の宮川」にて。
Photo_2

| | コメント (0)

2013年3月26日 (火)

雲仙普賢岳(2)

4  4枚目、三角の方へ来ました。有明海越しに。遠浅の有明海は海底の色が少し見えて、空の青より赤っぽいのが印象に残りました
5 5枚目、干潟越しに。肥沃で魚介の宝庫と言われ、ノリの養殖なども盛んな有明海を育んでいるのは、こういった干潟のたまものです。ほんのちょっと埋め立てても、水の流れが変わって、壊滅的な被害を出すと言われます。

| | コメント (0)

2013年3月25日 (月)

雲仙普賢岳(1)

1_2
 一日天気が良かったので、熊本から天草に向かって普賢岳をいろんな角度から撮ってみました。
 1枚目、熊本から。海辺の町の向こうで見守っているようです。
2_3 2枚目・3枚目、熊本のみかん畑から。山の上までミカン畑があります。何カ所かで直売もしているので、美味しい熊本みかんを買うことも出来ます。
3

| | コメント (0)

2013年3月20日 (水)

阿蘇

2 ゆっくり更新しているあいだに、桜が咲いてしまいました。九州の写真はペースアップしていきますね。
 言わずと知れた阿蘇山です。南阿蘇町で別カットを撮影したのち、車を走らせていると水が残っている水田が。映った阿蘇があまりに美しかったので、あわてて撮影した1枚です。#NHKテレビの「生さだ」でご紹介いただきました。
1 2枚目は草千里からの噴火口です。冬場は外気温が低く、噴煙も多めに見えます。天気は冬晴れで良く、空を多く撮っても絵になるのですが、草千里の芝が枯れているのが残念です。
3 3枚目は阿蘇外輪山の熊本側の切れ目「立野」駅付近で撮りました。奥に噴煙が見える山々が阿蘇内輪山です。ここを走る列車は、急坂をスイッチバックで登っていきます。写真では阿蘇から離れていくようですが、ちょうどスイッチバック区間。阿蘇・大分方面行きの列車です。比較的旧型の車両ですが、手入れよく元気に走っていきました。

| | コメント (0)

2013年3月 7日 (木)

杵築の町並

2 大分県の国東半島にある城下町です。尾根に城下町、谷間に商家が並ぶ町で、歴史的建物を雰囲気良く保存しています。1枚目は写真は坂の下から。再建した石畳に逆光線が当たってキレイでした。
1 2枚目は別の坂。いまにも走り始めそうな子供。残念ながらというか、理性的だったというか、ゆっくりと歩いて坂を下っていきました。

| | コメント (0)

2008年6月 2日 (月)

有田のラベンダー

Sglavender1
 佐賀県有田町の「チャイナ・オン・ザ・パーク」は、深川製磁という会社が運営している有田焼の窯元です。もちろん見事な有田焼も多数展示販売されていて、目移りするのですが、この建物の裏に、こちらも見事なラベンダー園があります。
 ラベンダー園が多い北海道美瑛町では、ラベンダーのシーズンは7月中旬からですが、有田町あたりでは5月下旬から見頃を迎え、6月初旬まで見ることができます。ラベンダー園に近づくと、見える前からラベンダー特有の香りに満たされていました。
Sglavender2 関東近郊や北海道では何カ所もラベンダーに行きましたが、問題はどこへ行っても人が多いこと。人が多いと当然撮影の角度も限られてしまいます(非道いときには、撮影どころではないなんてことも…)。でも、ここのラベンダー園は人が少なくて撮影も腰を据えてできました。そのあとも、のんびりとラベンダーの色と香りを楽しみ、心から満喫できました。

| | コメント (0)

2007年12月31日 (月)

2007年。大晦日のご挨拶

Kaimon
 2007年もご覧いただきありがとうございました。2008年も、旅の写真を中心に掲載していきます。どうぞまたおいでくださいませ。
 写真は、鹿児島県の開聞岳に沈む夕陽です。鹿児島湾をはさんで大隅半島から見ています。

 2008年が、みなさまにとって素晴らしい一年になりますよう。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧