« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月31日 (月)

旭川市内の八重桜

Photo 旭川駅近くを走っていると、八重桜の並木がありました。永隆橋通です。この時期に旭川に来たのは初めてだったので全く気がつかなかった(というより、ノーマークでした)桜です。関山かなぁと思いながら撮影しました。アングルが新聞の写真みたいですね。5月下旬撮影。

| | コメント (0)

2010年5月28日 (金)

白川郷の「オオタザクラ」原木

Photo_15 菊咲が美しい「太田桜」原木です。岐阜県の白川郷の「本覚寺」の境内に、ひっそりと咲いていました。この桜、実は門外不出で日本ではここ本覚寺と新宿御苑にしかないというレアものです。新宿御苑の「太田桜」は、気候のせいか「滅多に開花しない」のだそうで、つぼみはつけるものの、開花に至る年は希だということです。
Photo_16 今年は、新宿御苑などで多くの桜の種の撮影をさせていただいたことがきっかけで、どうしても「太田桜」を撮影したくなりました。太田桜の開花を聞き、5月中旬、思い切って訪ねました。7部咲きでした。
 5月中旬といえば暑い日も多いので、咲き始めると1〜2日で満開になることもあります。週末ということもあって大混雑かと思いきや、合掌家屋の雑踏に比べると、エアポケットのようにひっそりと咲いていました。
Photo_17 周辺ではちょうど「関山」も満開。写真3枚目です。今年の咲き具合は示準になりませんが、菊咲きの桜は八重より一歩遅れるぐらいです。ご参考までに。

| | コメント (0)

2010年5月27日 (木)

石割桜

Photo_14 岩手県、盛岡の裁判所の構内にある「江戸彼岸」です。大きな岩を割りながら育っている様が見事で、たいへん人気があります。石割桜のピーク時は、まだまだ関東も八重桜が良い塩梅で、満開の日中は見たことがなかったので足を伸ばしました。大きい幹は2本あり、よく見ると左右で色合いや咲き具合が微妙に異なるのが面白いところです。5月初旬撮影。

| | コメント (0)

北上展勝地

Photo_13 岩手県、花巻の北上川沿いに、2キロ近く桜の並木があります。有名観桜ポイントなのにまだ見たことがなかったので、ゴールデンウィークに見てきました。染井吉野の並木が、これでもかと続いています。並木近くの駐車場が満車の時には、対岸の新花巻駅前に無料臨時駐車場が開設されます。渡し船で桜並木を川面から見ながら北上川を渡ることができます(50分ほど待ちましたが・・・)。5月初旬撮影。

| | コメント (0)

塩竈神社

Photo_11 塩竈神社には天然記念物の「塩竈神社の塩竈桜」がありますが、実は他にもたくさんの種類の桜が植えられています。「江戸彼岸」や「枝垂桜」から、八重の「紅八重」や「関山」「手弱女」さらに「寒緋桜」や「塩竈桜」ではない菊咲の桜まで、実に見応えがあります。今年は、「塩竈桜」以外、ほぼ全てが同時に満開になるという、素晴らしい光景を見ました。何よりも東京に比べて人が少なくて、散歩にはもってこいです。夜はライトアップされていて、こちらものんびりと花見ができました。写真はライトアップ時のものです。ひとまず下見にと思い、三脚を持たなかったときに空が美しいタイミングになってしまったため、あわてて手ぶれ防止機能を活用して撮ったものです。5月初旬撮影。

| | コメント (0)

2010年5月26日 (水)

多磨墓地

2_3 有名人が静かに眠る多磨墓地は、古くからある公園墓地です。ここは公営の墓地で、園内には「染井吉野」「大島桜」など、たくさんの桜がありました。正門西側に墓地を南北に突っ切る道路沿いがあります。この道路、1kmにわたって「染井吉野」の並木があります。ところどころある広場には、大きな染井吉野の大木もあります。この道路はバス路線にもなっています。1枚目、ちょうどやってきた武蔵小金井駅からのバスと大木の染井吉野を入れて撮影しました。
3 2枚目は、墓地内の東西の幹線道路です。もう終わりかけでしたが、十分見応えがありました。
4 3枚目は墓地正門南側から。桜のトンネルから出てきたバスを、歩道橋から撮りました。4月初旬撮影。

| | コメント (0)

2010年5月25日 (火)

新宿御苑

Photo_8 東京の新宿にある恩賜公苑です。ここの注目すべきはとにかく花が美しいこと!花つきが良く、悠然と咲く姿は感動します。いままで見たことがないほど見応えがありました。写真は八重桜の「一葉」です。八重の中では早めに咲く花で、染井吉野が終わりきる頃満開になります。八重ならではのボリュームがあるわりに、色や形が「こんもり」と咲くので、2回目のお花見にはもってこいです。一葉満開の頃は、新宿御苑のお花見の混雑もひと段落しています。4月中旬撮影。

| | コメント (0)

2010年5月24日 (月)

山高の神代桜

Photo_5 山梨県は、素晴らしい一本桜が多いと聞きます。そのなかでも代表格は北杜市武川町・実相寺の「山高の神代桜」です。いっときは樹勢衰えたのを、手を掛けて盛り返したとのことです。たくさんの花をつけて、元気に咲いています。
Photo_6 国道20号、武川町から小淵沢に向かって走ると、両側に「大山桜」が咲いている区間がありました。2枚目は、国道20号線沿いの「大山桜」です。「大山桜」は標高が高いところに咲くピンク色が濃い桜です。「染井吉野」などと同じように、葉が出る前に花が咲き、濃いピンクの色とボリューム感が特徴です。こんな色の桜に迎えられると、路線バスの車窓も華やぎます(バスは山梨交通です)。
Photo_7 この大山桜の近くに、甲州街道の「古道」が整備されていました。3枚目です。古道入口の石碑によると、江戸時代に甲州街道が整備される前の、韮崎から長坂に向かう古道で、その道は信州へと続いていたという旨の案内がありました。
 染井吉野がいつ植えられたのかは判りませんが、新緑と桜が道沿いの彩りを添えていたら、無条件に喜んでしまいそうです。4月上旬撮影。

| | コメント (0)

2010年5月23日 (日)

船岡城跡と白石川堤一目千本桜

Photo_3宮城県「船岡城跡」と「一目千本桜」です。城跡の坂を上り詰め、城跡公園の尾根から、山頂に向かうためのモノレール(スロープカー)が設置されていました。山頂は、まるで桜の海に浮かぶ観音様のように見えます。
 2枚目です。この公園、川沿いにあるのですが、川を見おろす展望台に行ってみると黒山の人だかりでした。
2_2堤防に3列に並んだ白石川の一目千本桜と、安達太良山のコントラストは見飽きないものです。でも、鈴なりの三脚たちのお目当ては、東北本線の列車でした。下り列車が走り来たところを負けずに撮影しました。
Photo_4 3枚目は、「白石川堤一目千本桜」の南端付近です。この日は風が弱く、川面が鏡のようでした。4月下旬撮影。

| | コメント (0)

2010年5月22日 (土)

黒川の400年山桜

Photo_2 川崎市、黒川地区にある山桜です。樹齢400年とも言われる巨木で、のんびり優雅に咲き誇っていました。あまり知られていないようで、地元の方のご家族が2組、のんびりとお弁当を広げて花見をなさている他には、散歩がてらの方しかいらっしゃらない「地元の桜」でした。黒川地区は、開発を免れ、「里山」の自然が残る地区で、農業が盛んです。もちろん駐車場は無く周辺農道は駐車できるほど広くありません。桜に通じる道路も行き止まりの道。Uターンの場所も広くないので、自動車ではハマること請け合いです。散歩がてら是非電車がバスで訪れてください。
2 2枚目は、正面から見たところです。小田急線はるひ野・黒川からそれぞれ徒歩20分。神奈川中央バス(鶴21・22系統)調布駅・若葉台駅(京王線)−鶴川駅(小田急線)の「日影」バス停から15分程度です。黒川駅側の里山入口には川崎市の農業産直施設「セレサモス」があり、目印になります。私もカメラを背負って徒歩で訪れました。

| | コメント (0)

2010年5月21日 (金)

今年の桜−ハリウッドの桜

Photo 今年も、たくさんの桜を見てきました。いくつかの桜を紹介していきます。一カ所目は、東京・調布市のハリウッドの桜です。「染井吉野」に比べて1〜2歩早く咲く「大寒桜」の巨木です。「ハリウッドの名の由来」は、以前「ハリウッド美容室」の工場があったところの桜だからということです。いまはマンションになっていますが、マンションの方々も大切にしていることが見て取れます。大通り沿いではないので、見に来る方もまばらでした。3月下旬撮影。ウォーミングアップにはちょうど良いです。

| | コメント (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »